菊芋の効能:高血圧予防・整腸作用・血糖値上昇予防の3点です | 玉井自然堂

2022/03/28 06:32

こんにちは。


玉井自然堂スタッフの坂本です。

最近、玉井自然堂でのYoutubeチャンネルを開始しました。

いろんな食べ物に菊芋パウダーをかけてますので、

興味ある方は、

ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=7ThNhoCaPA0


さて、


今回は、

「菊芋の効能」

についてです。


なんか「良い、良い」ばかり言ってるけど、


「それって何を根拠に言ってるの?」


みたいなところは、

正直あると思います。


そこで、一般的に言われている、

「菊芋の効能」

を紹介したいと思います。


まず、大きく3つの効能があります。



①高血圧予防


②整腸作用


③血糖値の上昇予防


です。

それぞれに簡単に解説すると、


①高血圧予防

については、

菊芋には「カリウム」

と言う

「塩分を排出する成分」

が多く含まれています。

そのため、

「菊芋」

を摂取すると、

「おしっこがよく出る」

と言うことになります。

そして、

この

「おしっこと一緒に、塩分も排出される」

と言うことです。


②整腸作用

血糖値でも、同じことを書きますが、

菊芋には、

”天然のインシュリン”と呼ばれる、


「イヌリン」


成分が、通常の野菜より多く含まれています。

このイヌリンは、

「食物繊維」

です。

なので、

摂取すると


「お通じが良くなる」


と言うのは、容易に想像できるかと思います。


さらに、

菊芋は、

腸内で消化発行されることで、


「フラクトオリゴ糖」

と言う、


「ビフィズス菌などの善玉菌のエサ」


になるのです。

食物繊維だけでなく、

善玉菌のエサにまでなる、


「菊芋」


は、まさに、現代のスーパーフードなのです。


③血糖値の上昇を抑える

今回、最もおすすめしたい効能が、

この

「血糖値の上昇を抑える」

です。


とっても、とっても大切なので、

もう一度、書きますね。


「血糖値の上昇を抑える」


です。


日本には、

糖尿病患者、糖尿病予備患者、

合わせて、

1200万人いらっしゃるそうです。


「1200万人」


ですよ。


つまり、


全人口の10人に1名が、


「糖尿病」


と言うことです。


この傾向は、


日本のみではなく、


糖尿病大国のアメリカはもちろん、


経済発展著しい、


「中国」


を中心とした、東アジア
でも同じ傾向が続いています。


インシュリンでの化学療法も、

もちろん重要なのですが、


「できれば、自然食材で治したい(抑えたい)」

と、考えるのは、


人間として、


「とても自然なこと」


ではないでしょうか。

そこで、


「菊芋」


です。


もちろん、


「飲み方」


「飲むタイミング」


「自分に合う・合わない」


などもあるかと思いますが、


まずは、


「試してください」


です。


私自身は、

効果を実感しています。


「だから、積極的に友人知人へおすすめしています」


例えば、↓は、私の話です。




もしよろしければ、


見てみてください。


次は、


「飲むタイミング」


について、書きたいと思います。


玉井自然堂 スタッフ 坂本